FC2ブログ

つづき2

Category : channkaaの日記

肌荒れ対策など

つづき

つぎにカラダの中のことなんですが、副腎という臓器で皮膚の再生を促すホルモンを分泌しています。(皮膚科でもらう薬に副腎皮質ホルモンと書いてあると思うんですがあれと同じようなものです)
なので、副腎には元気でいてもらわないと困ります。
甘いものとか炭水化物など僕たちの好物にはたくさんの糖質が含まれていて、それを食べるとブドウ糖に分解されて肝臓と筋肉に貯蔵されます。

その時貯めきれない分を血液中に出しちゃうですが、そうすると血糖値がグンと上がります!
すると血糖値下げなきゃって膵臓がインスリンをドバッとだします!!
ヤバいっ血糖値下がりすぎって副腎がインスリン拮抗ホルモンをだす!!!

この流れがつづくと副腎が疲れてしまって皮膚の再生のほうはおろそかになってしまいます。
なるべく肝臓のところで食い止めておきたいので、筋肉を増やしたり肝機能をサポートしてあげると良いのかなとおもいます。それと、皮膚の材料になるコラーゲンも必要です。
ぼくの場合は、肝機能のサポートと食べ物からだと吸収しづらいコラーゲンをサプリ(ウコンよりもセイヨウアザミのエキスがおすすめです)で補っています。

あと睡眠も大事!

掻くと悪化するから掻いちゃダメ!ってそんなのわかってるけど掻いてしまって悪化するのが最大の悩みですね。
安定剤を上手く併用する皮膚科の先生がいるそうですが、僕はまだためしたことがありません。どなたか試したひとがいたら教えてください ∠( ゚д゚)
ぼくの場合は、なるべく痒くなるスイッチを押さないよう心がけました。かゆいスイッチが入るとダメだとわかってもやってしまいます (;Д;)
まずシャワーの温度。残念ながらカラダや頭に気持ちがいい温度まで上げるとじんわりと痒くなり始めるので、少しぬるい物足りないくらいの温度で頑張ってください。大丈夫!良くなってきたらまた気持ちの良いシャワーが浴びれマス!
シャワーヘッドをマイクロバブルのでるタイプに変えておくとなお良し!
お風呂からでたらすぐ保湿して、保冷剤を当てておきます。冷やすとずいぶん痒みが治まるのでいつでも冷やせるように何個か冷凍庫に入れてあります。

寝る時に保湿のために綿の手袋をするってよく聞くのですが、なんども試した結果ちゃんとした保湿とバリアをする前提ですが手袋はしないほうがいいのではないかと思いました。どうしても蒸れて熱をもってくるし、地味にこすれる刺激があって痒みのスイッチが入るんです。そのうえ寝てるので理性の歯止めも効かないから目が覚めた時の惨状はひどいものです。
もう寝たくないとすら思っていた時期もありましたw
なので、しっかり保湿とバリアをしたら枕元に保冷剤を置いて手袋はしないで寝るのがオススメです。

寝る時は手袋をしないのですが食器を洗う時などはぜひ手袋をしてください。刺激の少ないゴム手袋もあるのですがあまり
売ってるのをみたことがないので、綿の手袋をしてからゴム手袋をしたほうが良いと思います。

温泉もいろいろ試してみましたが、健康な肌には良いのかもしれませんが荒れている肌には刺激が強すぎると感じましたのでほどほどに。

もちろん直接肌に使用するシャンプーや石鹸も吟味してほしいです。刺激が弱くて脱脂力も低いけど残留しやすくて痒くなる場合もあれば、他の人には大丈夫でも自分にはあわない成分などもあるので近くの詳しい美容師さんに相談してみてくださいね。
ぼくもシャンプーソムリエの一人(駆け出しの末端構成員ですがw)として吟味するお手伝いをしますので相談してみてくださいね。

またなにか思い出したら書いてみます。
ではまたー


P6020016.jpg
こういうバス停からバスに乗ってみたい






スポンサーサイト



プロフィール

channkaa

Author:channkaa
犬を連れて山をウロウロするのが大好きな美容師です。

本、ロングボード(loaded)、マンガも好きです。

シャンプーソムリエです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR